小物は代金引換以外の支払い方法が必須かも

通販で買う商品の中には大型なモノと小型のモノに分かれます。
そのうち小型なモノに関してはメール便という発送手段を使用することができます。
これは郵便物扱いにして発送するやり方で、それを適用すると普通の宅配便に比べて送料を安くできる利点があります。
そのためモノによっては宅配便に比べて約半額程度安くできたりすることもあります。
しかしそのメール便を使用するには商品代金の支払い方法に制限が課せられることになります。
というのはメール便の場合は郵便物と同じくして郵便ポストに投函するだけなので、代金の回収をその場でできないからです。
となればこのメール便を適用するには少なくても代金引換は使えません。
なのでそれ以外の金融機関での振り込み先払い、またはクレジットカード決済が必須となります。
この場合に一部の人からするとお金だけ取られて商品が届かない犯罪を懸念するかもしれません。
それに対応する方法の1つは、何よりも業者に対する信用問題となります。
通販で失敗をやらかす原因の1つは安さを求めすぎて業者の信頼度を精査しないことです。
業者の信頼度の点では実店舗でも運営している業者を選ぶことが確実となります。

パネル印刷

東京のお店のタペストリーならお任せ!
納期保証でリスクヘッジにおススメです。

学会ポスター

ベビーアルバム
大切なこどものために

東京 アクセサリー 仕入れ

最新投稿